【ドラクエ10】物・欲・解・放!

2017年10月10日 12:07

ドラゴンクエストⅩ_20171009220400
今日のインスタ映え。

ドラゴンクエストⅩ_20171009205140
その2。

ドラゴンクエストⅩ_20171009173916
その3。

ドラゴンクエストⅩ_20171009154636
その4。昨夜更新できなかった分、増量しております。

ドラゴンクエストⅩ_20171009171326
その5。水切りの修行!w

えー、プレイ時間が元気チャージの時間を追い抜いてることに愕然としてる岳るです。
「元気チャージ」とはプレイ時間を有効に使うためのドラクエ10ならではのサービスで、
ログインしてない時間がカウントされて、溜まった時間と交換で便利アイテムが貰える仕組み。
溜められる時間に限りがあるので、長くやってれば普通に追い抜くものですが、
まだ交換もせず、上限にも達してないプレイヤーがなっていい状態ではないw

それはともかく、昨日は祝日だったんですねぇ。
なんか朝からやけに混雑してるなあとは思ってましたが、気付きませんでした。
さすがに曜日の感覚がなくなってるのはマズイなあ。

そのおかげか、Yが早々とログインしていたので、
前回ボコボコにされた真・災厄の王を手伝ってもらい、リベンジしてきました。

フルボッコだったよ!w

いやー、8人バトルは迫力ありますねー。
1段階目はまさにフルボッコで、何をするまでもなくいつの間にか勝ってました。
2段階目はさすがに強くて、何人か死者も出ましたが、立ち直りもスムーズ。
4ケタダメージがガンガン叩き込まれて、さすがに沈んでくれました。
ありがとー、ありがとー!

その後はメインストーリー進めてまして、噂の「王家の迷宮」がついに解禁されましたよ!
これ、勇者姫アンルシアというNPCを育成するモードで、
姫のエスコートはプレイヤーとお供の魔物のみ。
頼れるフレンズの力は借りられないガチ勝負です。正直自信はない(ぉ

そもそも仲間モンスターも全然育ってないし、
今これに挑むのは無謀に思えて、まだやってません。
どんなもんか試しに行ってみるのもアリかなー。
これ書いたらちょっと覗いてきます。

で!

本当はいつも通り、昨夜のウチにブログ更新して寝るつもりだったんですが、
寝る前に、いつもの欲しい装備のお値段チェックしてたら、やっぱり値段下がらねぇorz
これ、同じものが最初に見た時は70万割ってたのに、
最近では100万前後安定という大幅値上げ状態で、
安かったの見てるだけに買うに買えないんですよ。
幾ら安いと言っても、当時に70万は出せなかったけどな!

所持金的には無理やり買うこともできたんですが、それも面白くない。
かといって、このまま金策続けながら値下がりを待つのもつまらない。

だったら面白い方向で行こうぜ!(ぉ

これねー、完全に深夜のテンションでしたね。
抑えられていた物欲のタガが外れたともいう。
もうただ待ってるとか我慢できないから、とりあえず方向性変えてみようと思った次第。
あと、ようやく装備レベルが追いついたのに、使えないってのもストレスだった。

そもそも、私が何を目指してたかというと、「きようさ800盗賊」というヤツです。
これは何かというと、盗賊には「ぬすむ」という敵からアイテムを盗むスキルがあって、
それの成功率が「きようさ」の数値が800を超えると、ほぼ成功するようになる、ということで。

私はフレンズの力をフル活用して、実力に見合わないスピードでストーリーを進めてる結果、
戦闘で何もできないことがストレスだったんですね。
そこで、金策の助けにもなりそうだし盗賊を選んだわけです。
戦闘で貢献できなくてもアイテム奪取という役割があるのが楽しかったんですね。

ちなみに他の職にしなかった理由は、とりあえず金策が優先だったこと、
戦闘職をやっても今更フレンズの火力には追いつけないし、時間がかかりすぎること。
魔法職はテクニカルなイメージで苦手意識があったこと。
まぁ他にも色々ありますが、概ねこんな感じ。

で、本格的に盗賊をやるならと、色々調べてみたわけですが、
それほどの手間をかけずに、金銭的にも負担が小さく、割と有益に運用できそうなものとして、
「きようさ800盗賊」という案が出てきたわけです。

そもそも私は目標もなく、なんとなくでプレイするゲームは嫌いなので、
何かしら目的が欲しかったのもあって、当面の目標としてコレを目指したわけですね。
達成できるかは別として、なにかしら「やりたいこと、目指すもの」はあった方がいい。
それはできれば、道のりが遠すぎず、理想が高すぎない方がいいのです。
小目標ってヤツですな。

そんなわけで、金策とレベル上げを頑張ってたわけですが、
最後のピースとなる装備が高すぎて、久しぶりに…キレちまったよ…(ぉ

その結果、
ドラゴンクエストⅩ_20171010101502
ワイール!

ドラゴンクエストⅩ_20171010101429
バイバ!

闇統べる王、爆・誕!

はい、見た目装備に走ってしまいましたw
いつまでも下半身丸出しもどうにかしたかったし、丁度よかったともいう。
本当はカラーも弄りたかったんですが、染色素材って意外に高くてビックリですよ。
上半身はちょっと合うものが見つからなかったので保留。これはこれで夏場仕様でいいよね?

あと、前回「意味ねー」と言った見た目変更する店にも謝罪しときますorz
これ、職業制限で装備できないものも、見た目だけ引っ張ってくることができるので、
すげー意味ありましたゴメンナサイ。
マイコーデに登録するには一度装備しないといけないので超重要でした。

いやしかし、昨日の暴れっぷりは我ながら気持ちよかったw
ガンガン金を吐き出して、足りねぇ! よっし、虎の子の素材も全部売り払え!
とかやってて、凄い勢いでお金が出たり入ったりしてました。

あと、本当は短剣で状態異常撒きたかったのに、きようさ盗賊にする関係で、
ツメを使うしかなかったという経緯があったんですが、
結局装備揃ってないなら関係ねぇ!
とばかりに、短剣も新調しちゃいました。70万を気楽に買う深夜のテンションやべぇw

結果、スキルも見直してー、あ、短剣なら盾も持てるなーとか色々やってるウチに、
力尽きてそのまま寝てしまいましたとさw
いやー、昨夜は本当にお楽しみでしたね!

多分、ドラクエ10やってて一番楽しかった時間だったと思います。
傍から見れば無駄とかそんなんしてる場合かとか色々あるでしょうけど、そうではなく、
ゲームなんだから楽しく遊ぶのが一番いいに決まってるでしょ。
経済も回ってWin-Winですよw

まぁでも、

ドラゴンクエストⅩ_20171009223025

懐が寂しくなってる現実も受け止めないとね!(ノД`)

【ドラクエ10】マッチングしないネトゲほど虚しいものはない

2017年10月09日 01:53

ドラゴンクエストⅩ_20171008222158
今日のインスタ映え。

「マイコーデ」という機能を使ってみました。
装備を登録しておくことで、装備の見た目だけを反映させられる機能で、
いわゆるファッション用のシステムです。

これの良いところは、一度登録してしまえば装備を手放してもOK。
装備部位ごとに表示するかしないかを設定できる。
転職しても職業ごとに設定が反映される(らしい)。

着せ替え機能としては、かなり理想的な仕様だと思います。
これ、装備の性能はそのままに、見た目だけ変えるお店があるんですが、
このシステムのおかげで死んでるのがアレですね。
あっちは素材にした装備消えちゃうし、そりゃ利用されないわ。

さて、今日はメインストーリーのクエスト消化をしてたので、特に書くこともなく、
バージョン4でザコ敵が装備をドロップするハクスラ要素が搭載されるという面白情報を元に、
そっちの考察でも書こうと思ってたんですが、
途中で忘れていた「王者の~」とかいうクエストを思い出したので、
そっちを終わらせようとしたところ、とんでもないことになったので、書いときます。

実はこのクエスト、いわゆる「エスターク」と戦うクエストなんですが、
もうとにかくお使いの量が半端じゃない。戦うまでがひたすら遠い。
連続してこなしてるとウンザリするレベルで面倒なお使いばかり続くんですよね。
ドラクエ10の中で1、2を争うクソクエスト郡だと思います。
ちなみに現在のワーストクエスト1位はバトルマスタークエストです。あれは真のクソ。

そんなそびえ立つクソを登り切ったところ、とうとう戦うことになったエスターク。
ゲーム内では「災厄の王」なんて名前になってますが、外見は完全にエスタークです。

しかしこれ、8人で戦うコンテンツらしくて、
4人で挑もうとすると「超キツイよ?」みたいなことを言われます。
うぐぅ、そう言われると怖い。

でもこれ、バージョン1時代のコンテンツみたいだし、当時のレベルは5~60だから、
レベル90超えパーティなら楽勝っしょ!
とばかりに4人で飛び込んでみました。

や、実はマッチングしないかと待ってはみたんですが、
今更こんなのやってる人いないんですねー。
マッチングなんてしやしない。
調べると、ソロで潜る人が多いのも原因みたいですね。

まぁそれなら大丈夫かと、結局4人で行っちゃいました。
確か、以前こちらに遊びに来たYが、これのパワーアップ版と戦ってたんで、
ノーマルなんて雑魚だろうと思ってたんですね。

超甘かったです。

これマジでバージョン1時代のボスキャラなの!?
メッチャ強いんですけど!
まぁ、1戦目でヤバかったのは、味方が混乱しての同士討ちのせいみたいで、
2戦目は割と安定してましたが、それにしても強かった。
さすがは8人コンテンツですよ。4人で戦うもんじゃない。
それでも、勝てない相手ではなかったので、こんなもんかと思ってたんですが。

なんかすぐに「真のボスがいます」みたいな展開になって、もう1回戦わされました。
はい、これが上述の「2戦目」の理由ですね。
しかもこの2戦目、まさかの連戦でしかも逃げられません。
偽物(?)を倒して恐る恐る先に進むと、

ドラゴンクエストⅩ_20171008222501
なんかすげーのキタ!

あー、これですよYが戦ってたの!
つまり、超強いってことですよ!
え、なんでいきなりこんなのと戦うことになってんの!?

割といい感じに戦えてはいたんですが、回復役が倒れたところで一気に崩れて、
そのまま立て直せずに全滅しました。
うーむ、やはり本職の回復役じゃないと間に合わない感じなのかなー。
それとも回復2枚は必要なのか。

それ以前に、4人で戦うなってことなんでしょうけどね。
8人で戦うものなんだよね?

まぁ、ハラハラした戦いは珍しいので、結構楽しかったですけどね。
や、実はこの直前に、普通の強敵雑魚(矛盾した表現)相手に全滅しかけて、
そろそろ無双モードも終了かなと思い始めてきたわけですが。
それでちょっと寄り道したというのもある。

あー、本来はバージョンアップで少しずつ実装されてたものが、
今はもう全解放されてるもんで、一息つく間もなく戦えちゃったんでしょうね。
いきなり連戦になってビックリしたよー。

ドラクエ10は、割と賑わってる方だと思うので、
これは単純にコンテンツとしての旬が過ぎてるんだと思いますが、
それでもマッチングしないのは悲しいですね。
今度Yたちが暇な時に手伝ってもらおうかなあ。

ずっとソロで遊べてしまうので勘違いしがちですが、
こういう所で、やはりネトゲであることを思い出させられます。
そしてネトゲは、勢いがあるウチにやっとかないと、こういうことになります。
これはあくまでサブストーリーなので、詰まるということはありませんが、
ネトゲの面倒くさいところだなあと思いますね。


以下、おまけ(閲覧注意)

[【ドラクエ10】マッチングしないネトゲほど虚しいものはない]の続きを読む

【ドラクエ10】またしても育成枠が増えた…!

2017年10月08日 02:04

ドラゴンクエストⅩ_20171007180029
今日のインスタ映え。

ドラゴンクエストⅩ_20171007180337
その2。

そろそろ本格的にストーリーを進めていくとしましょうよ!
今日はセレドの町のイベントを完全に終わらせ、
アラハギーロ王国のイベントに片足を突っ込み始めました。

1日かけた割に進みが遅い理由は、全部ヒストリカ博士が悪い。

ドラゴンクエストⅩ_20171007163152
大根!

このネタ分かっちゃうと歳がバレます。

いやー、このぼっちでコミュ障気味なヒストリカ博士が可愛くて可愛くて、
思わずサブストーリー全部終わるまで付き合ってしまいました。
イベント全網羅する勢いでスクショ撮りまくったよ…。
会話がいちいち面白いんだもの。ヒストリカ イズ エキサイト!

とはいえ、このイベントは色々と盛りだくさんで、単なる寄り道ではありません。
物凄いネタバレになるので詳細は書きませんが、
「え、ここで判明するの?」というくらい意外な事実がわかります。

あと、画像にある通り、ここでも一人戦闘になるので、超緊張しました。
でも敵があまり強くないのと、一見足手まといなヒストリカ博士が実は有能なので、
ある程度の火力さえ確保できていれば、問題なくクリアできるかと。

でも1人というのに過剰反応した私は、わざわざスキルの振り直しまでして、
ツメスキルをMAXまで成長させました。
そう、憧れのチャージスキルのために…!

チャージスキルとは文字通り、使うためにチャージ時間が必要なスキルで、
連発できない代わりに威力は甚大。
低火力に悩んでいたウチの子(盗賊)も、すんごいダメージ出て驚きました。
これは世界が変わるぞ!

そんな色々な発見もあり、大満足したイベントでしたが、
おかげで本編が少ししか進みませんでした。

今日最大の収穫としては、「不思議な魔塔」が解禁したことですね。
これ、名前の通り、「不思議のダンジョン」をオマージュしたダンジョンで、
挑む時はレベルが1に戻り、持ち込みできる装備はアクセサリーだけに限られます。
ダンジョン内では装備を直にドロップ品として入手できるので、
ちょっとしたハクスラ気分も味わえます。

以前に紹介したアスフェルド学園のように、独立型のコンテンツなので、
毛色の違う冒険がしたい人にはいいかもしれません。
が、また育成枠増えた…orz

そろそろブレーキを踏むべきなのでしょうけど、
まだまだバージョン2も終わってません。むしろこれからダヨ!
なので、行ける所まで行こうと思います。
せめて便利機能は全部解放してしまいたい。

ドラゴンクエストⅩ_20171007141507
リアルポケモン。

こうやってスクショで遊んでるから進みが遅いんじゃねーかなー。

【ドラクエ10】稼げメロス

2017年10月07日 01:42

ドラゴンクエストⅩ_20171006141226
今日のインスタ映え。我ながら最高に可愛い1枚だと自画自賛してみる。

長かったクエスト消化もようやく終わり、5大陸の主要なクエストはほぼ終了しました。
これで本編ストーリーに戻れるじぇ…。
や、別にいつでも戻れたんですが、半端が気持ち悪かったもので…。

まぁ、そのおかげで、盗賊以外の職業も育てられたし、持ち物袋の拡張もできたんで、
色々と万端になりつつありますよ。

ちなみに、上記の画像は、現在開催中のFF14コラボイベントでの特殊ボスです。
ご存知サボテンダーと、サボテンダーポーズのしぐさが報酬のひとつになってます。
ドラクエに来てもあまり違和感ないのがすげぇw

で、本編ストーリーですが、メルサンディ村のイベントはすべて終了したので、
今はセレドを攻略し始めたところです。

ここ、ダーマ神殿があるんですけど、何故かイケメンパラダイスになってて、
二重の意味で腐ってるとんでもないところでした。
他のイベントに比べて、明らかに男キャラのモデルに気合が入ってるし、
やり取りもいちいちホモくさいのがあからさますぎてイヤン。

ドラゴンクエストⅩ_20171006222146
狙いすぎw 舌打ちしたいのはこっちダヨ!

しかし、ここではスキルポイント割り振りの上限解放ができる上に、
1段階解放すると、すぐに次の解放ができるサクサク具合で、非常においしいイベントです。

それにしても、ダーマ神殿は決して良い立地ではないと思うのだけど、
やけに人で賑わっていたのが謎すぎる。
スキル解放目当ての人が多いのか、単にイケメン目当てなのかは不明。
それ以外にも何かあるのかな。

さて、ようやくまともな装備を整える気になったことで、
今度はムクムクと物欲が湧いてきました。
しかし、どう考えても資金が足りない。
今ではバザーに足繁く通い、ショーウィンドウでトランペットを眺める少年のように、
憧れの装備の値段が下がるのを待つようになってしまいました。
さすがに最先端の装備だからか、出品数は物凄いのに、値段は下がらないんですよねぇ。

待ってる間何もしないわけにはいかないので、同時に金策も考えねばなりません。
現状、もっとも有力なのは結晶金策だと思ってたんですが、
どうやら今の進行状況だと効率が著しく悪いということに気付いてしまったので、
別の道を探らねばなりません。

職人で稼ぐことも考えましたが、これも本当にピンキリで、
☆3の最高峰のものは冗談みたいな値段で売れてビックリですが、
それ以外だとガクッと価値が下がり、利益は殆ど出なくなる現実。
アストルティアドリームは遠い。

そこで、倉庫にしまったままの使わない素材の中にお宝があるんじゃないかと考えて、
バザーとにらめっこした結果、オーブが高く売れることに気付きました。
これ、「虹色のオーブ」というものの素材で、メッチャ需要があるようで、
出品した端から売れていく凄まじい代物です。
しかも単価は決して安くないんですけどね。1個5000~8000くらい。

結果、倉庫整理しただけで30分もしないウチに30万くらい稼いでたわけですが、
そもそも原価ゼロなんだから、丸儲けですよ。これはウマい。

ただ、私も道具職人で、将来的に虹色のオーブを作ることになると考えると、
オーブは溜め込んでおいた方が、後々の稼ぎに繋がるんですよね。
それは分かってるけど、今は目先の銭が大切なんや!
まずは装備整えないと、全然戦闘で役に立たへんのや!
もう一撃で死ぬのは嫌なんやー!(どこの人だよ

そんなわけで、私の日課に「強戦士の書」巡りが追加されました。
これ、報酬がオーブのコンテンツなんで、時給10万以上が見込めるんですよね。
手に職の無い状況では貴重な収入源です。

いやー、こんな感じで、めっきり金策が日常になっちゃいましたが、
これが存外に楽しいのが意外でした。
やはり目標(欲しい装備)があると、やる気になります。

ちなみに、欲しい装備のうち、ひとつは昨日買ったんですが、
もうひとつは今日、思い切って買ってしまいました。
またしても30万飛んだ…orz

残りの2つはちょっと高騰気味なので、いつ買えるか分かりませんが、
今のうちに金策しておくのは悪いことではないでしょう。
実はまだ必要レベルに届いておらず装備できないので、
レベルが足りる頃にはセットで揃ってる予定です。あくまで予定。

ああ、早く完成形が見たいじぇ…。


以下、ネタバレ含む小ネタ。

[【ドラクエ10】稼げメロス]の続きを読む

【ドラクエ10】本当の意味でのスタートライン

2017年10月06日 02:05

ドラゴンクエストⅩ_20171005171207
今日のインスタ映え。

写真撮影イベントのワンシーンなんだけど、可愛いので採用ですよ(´∀`*)
この時、カメラマンが「扉の横から顔を出して~」とか言ってて「ソ・レ・ダ!」とばかりに、
イベントの後で写真集にありそうな構図での撮影会をしてたんですが、
障害物の後ろからカメラを回そうとすると、
障害物を透過した上でキャラの真正面にカメラが移動しちゃうので、
後ろからひょっこり、みたいな絵は撮影できませんでしたorz
しぐさも駆使して、それっぽい感じにしたのに…。

今日はAM9時までメンテナンスでログインできず、
終わった後もデータのDLとインストールで、なんだかんだで昼近くまで何もできませんでした。
とはいえ結局、今日もクエスト消化しかしてなかったんですけどねー。
サブエピソードも面白いんだけど、やっぱり先に進みたいなあ。

5大陸イベントは、プクリポ関連が飛び抜けて出来が良くて面白かったです。
なんか大陸ごとにシナリオの質的な差があるように感じるのだけど、
担当ライターが違ったりするんだろうか。

そんな中で、まさかのカンダタイベントが超面白かったですw
過去作キャラをイベントに上手く絡めていて、これはいいファンサービスですよ。
展開もぶっ飛びすぎてて、私は大好きw
ドラクエというよりは「アラレちゃん」とか「ドラゴンボール」という感じのイベントだったけど。
あんまり異質で面白かったんで、画像は追記の方に貼っときますね。
本編とは無関係だけど、これは凄いネタバレになっちゃうのが惜しい。

さて、今日はカンダタに全部持ってかれた感じではありますが、
実は結構大きな変化がありました。

そう、ついに自分の手を血に染める時が来たのです!

要するに、今まで完全にフレンズ頼みで傍観してるだけだった戦闘で、
いよいよ自分も役に立つ時が来た、ということですよ。

というのも、とうとうレベル上限96が解放されたわけですが、
その時の解放イベントのボス戦がヤバい臭いプンプンでして、
これはいよいよフレンズ3人だけに任せるのはキツいのでは?
などと思ったわけですよ。

で、私はメイン盗賊にする気満々なので、今後の育成方針を固める意味でも、
ちょっと奮発してレベル90武器なんぞを買ってみたんですよ。
お値段、30万くらいした…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
防具までは手が回らなかったものの、こちらは智郎君からのプレゼントがあるので、
当面はこれで凌ぐ予定です。

本来、こういう半端な買い物は好きじゃないんですが、最上級を見ると、
いつ買えるようになるか分からん値段が付いてるので、妥協も必要だと考え直した次第です。
あと、盗賊メインだと戦闘力より大切なものがあるので、そっちを優先するなら、
そこまでガチでなくても大丈夫かな、と思ったわけですよ。
スキルも見直した結果、ダメージが…ちゃんとダメージが出るようになったよ…!(感動

うん、ドラクエ10ってマジでバランスぶっ壊れてると思うのは、
レベル90以上まで上げて、武器も相応のものを用意して、
ようやく雑魚とまともに戦えるレベルになる、という部分についてなんだけどね。
これがMMORPGの普通だと言うなら、そりゃ廃れるよこんなもん(暴言
だって、そこまで用意して挑んだボス戦で、結局何の役にも立たなかったとか笑うしかない。

しかしそれでも、今までとは違う戦闘だったんですよ。
まず、一撃で死なない。
ダメージが(少ないながら)ちゃんと当てられる。
このレベルのボス戦でこれができただけでも上等です。
ええ、今まではそれすらできてなかったんです。よくここまでやってきたもんですよ。
サポート仲間バンザイ! ブラボーフレンズ!

なんとかレベル上限解放した後、気分が高揚していたので、
そのまま強戦士にも挑んでみました。
「強戦士」というのは、ストーリーボスの強化版といつでも戦えるシステムで、
勝てば報酬も貰える(こともある)という、純粋に戦闘オンリーなシステムです。

これも今までは見てるだけでしたが、今回は積極的にバトルしてみました!
このくらいの敵なら、ちゃんと戦力に見える程度に活躍できて、なんか嬉しい。
盗賊だと敵のバフを消す技もあるので、やることがあるって素晴らしいわ。

今までは、戦闘は本当に面白くなくて、
だからこそハウジングや着せ替えを楽しんでたわけですが、
「まともに戦える」というだけで、「戦闘でなにかできるようになりたい」、
という欲求が湧いてくる不思議。

私の中でドラクエ10は、今ようやく始まったのかもしれません。


以下、ネタバレ満載なカンダタイベント。

[【ドラクエ10】本当の意味でのスタートライン]の続きを読む


最新記事